• 3833 引用
  • 32 h指数
1982 …2020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

個人プロファイル

Personal profile

to be determined

フィンガープリント Tomohiko Yamaguchiが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Seed-mediated gold nanoparticle synthesis via photochemical reaction of benzoquinone

Ohara, Y., Akazawa, K., Shibata, K., Hirota, T., Kodama, Y., Amemiya, T., Wang, J. & Yamaguchi, T., 5 2 2020, : : Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects. 586, 124209.

研究成果: Article

  • 1 引用 (Scopus)
    公開
  • Modeling studies of heterogeneities in glycolytic oscillations in HeLa cervical cancer cells

    Amemiya, T., Shibata, K., Du, Y., Nakata, S. & Yamaguchi, T., 1 3 2019, : : Chaos. 29, 3, 033132.

    研究成果: Article

  • 1 引用 (Scopus)

    Promotion and inhibition of synchronous glycolytic oscillations in yeast by chitosan

    Shibata, K., Amemiya, T., Kawakita, Y., Obase, K., Itoh, K., Takinoue, M., Nakata, S. & Yamaguchi, T., 7 2018, : : FEBS Journal. 285, 14, p. 2679-2690 12 p.

    研究成果: Article

    3 引用 (Scopus)

    Primordial oscillations in life: Direct observation of glycolytic oscillations in individual HeLa cervical cancer cells

    Amemiya, T., Shibata, K., Itoh, Y., Itoh, K., Watanabe, M. & Yamaguchi, T., 1 10 2017, : : Chaos. 27, 10, 104602.

    研究成果: Article

  • 7 引用 (Scopus)