• 73 引用
  • 5 h指数
19962019

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

個人プロファイル

Personal profile

to be determined

フィンガープリント Shoichi Uranoが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 2 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 73 引用
  • 5 h指数
  • 8 Article
  • 3 Paper
  • 2 Conference contribution
  • 1 Review article

A study of risk reduction for daily peak load demand forecasting

Ogihara, K. & Urano, S., 6 2019, 2019 IEEE Milan PowerTech, PowerTech 2019. Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc., 8810766. (2019 IEEE Milan PowerTech, PowerTech 2019).

研究成果: Conference contribution

  • Conference report: 28th Power and Energy Society Annual Conference

    Mori, H., Tamura, S., Urano, S., Zoka, Y. & Sasaki, Y., 1 1 2018, : : IEEJ Transactions on Power and Energy. 138, 2, p. 2-7 6 p.

    研究成果: Article

    公開
  • Survey results of fault location in power systems

    Urano, S., 1 1 2017, : : IEEJ Transactions on Power and Energy. 137, 4, p. 261-264 4 p.

    研究成果: Review article

  • 2 引用 (Scopus)